紫外線のB波というのは外壁や窓ガラスに吸収されるため、家の中や車の中にいれば浴びる心配はありません。 しかし、紫外線のA波は窓ガラスを通過し、室内へ侵入します。 日のあたる窓のカーテンの外側だけが日に焼けていたり、長時間日のあたる場所に置いておいたものが変色したりしていることはありませんか? それは紫外線が窓を通過して、室内に入ってきているということです。 外の紫外線照射量が100%としましょう。 すると、日のあたる窓辺では約80%、日の当たらない室内でも紫外線は様々なものに反射して、約10%は入り込んでいます。 曇っている日の室内でも注意は必要です。 紫外線Bに比べると紫外線Aは健康への悪影響は少ないですが、毎日浴び続けると将来的にはシミやたるみが現れてしまう可能性があります。 紫外線の侵入を防ぐには、紫外線をカットできる窓ガラスにしたり、シートを貼ったり、遮光カーテンでも防ぐことができます。 それでも心配という人は、紫外線を防止する成分が配合された化粧品や日焼け止めを塗るようにしましょう。